遠賀、鞍手、中間、北九州を中心とした地域にてお墓のお仕事をさせていただいております、共同石材株式会社の中嶋です。遠賀霊園6㎡自由墓地にて、10数年前に建立いただいたお墓のお墓じまいの工事をさせていただきましたのでご紹介いたします。

 

【お墓じまい工事 遠賀霊園6㎡自由墓地】

 

10数年前に当店でお墓を建てさせていただいたお客様から、お墓じまいのご相談を頂きました。遠賀霊園の6㎡自由墓地にご自分たちのためのお墓を建てられて、ご遺骨は納められていませんでしたが、跡継ぎ様のご事情でどうしてもお墓を継ぐことが難しいということで、お墓じまいをすることになったそうです。

 

こちらが施工前のお墓です。10数年前に建てられてから、きれいに大切にされてこられたのが分かります。私もこの頃はすでに現場に入っていたころですが、施工の中心となったのは先代の父でした。重厚な黒御影石の和型墓石で、地上式の納骨室、墓前灯篭を備えた、堂々としたたたずまいのとても立派なお墓です。自由墓地ですので、お墓の囲いの外柵もすべてお作りしたものです。まだまだきれいでお墓じまいをしてしまうのがもったいないくらいの立派なお墓ですが、ご事情ですので仕方のないことです。

お見積もりを差し上げて工事に入ります。今回はご遺骨がないお墓ですので、早速工事に取り掛かります。

 

工事が始まっています。お墓の前方部分が狭くクレーンを据えにくい場所だったので、まずはお墓の後方からお墓手前の灯篭や外柵等を取り外してクレーンを据える場所を確保することにしました。その後、開いたスペースにクレーンを据えて、お墓本体を取り外していきます。

 

クレーンの脚を入れる場所を確保できたので、お墓の前方からクレーンでお墓本体を吊り上げて、解体・搬出していきます。尺1寸くらいの大きな重量のあるお墓です。順に上台や下台なども取り外していきます。

 

取り外しが進み、外柵などもきれいに取り外しました。お墓の取り外しが終わったら、お墓の下の基礎部分も解体します。

 

小型のユンボを入れて、基礎コンクリートを割って小割りにし、搬出していきます。自社で施工したものですが、かなり厚くしっかりとしたコンクリートを打っていたので頑丈で、なかなか大変な作業でした^^;

 

お墓本体、外柵、基礎コンクリートなど、すべてを撤去しました。同じ遠賀霊園でも、普通区画は外柵や納骨室が霊園既設のものなので残してお墓じまいをしますが、今回の自由墓地は外柵等もお墓新設時に作ったものなので、すべてを取り外してこのように更地に戻して返還します。

 

砕石やバラスを埋め戻して、次に使用される方のためにきれいにならして工事完了です。

お客様にも更地に戻した状態をご確認いただきました。気がかりでいらっしゃったでしょうから、安心していただけたのではないかと思います。

今回は自由区画でのお墓じまい工事でした。解体するのがもったいないくらいの立派なお墓で、建立当時に中心となってお手伝いをさせていただいた父がたまたま現場近くに寄ったときも、お墓じまいされたのを聞いて「まだ新しいお墓だったのに・・・」と驚いて少し残念がっていました。ですが、お墓じまいをされるお客様はそれぞれに色々なご事情があって、お墓じまいをすることで気がかりや将来への不安が解消されることを思えば、大切にしてきたお墓をしまうということもマイナスなことばかりではありません。時代の流れで増えているのかもしれませんが、この返還した区画にまた次の方々がお墓を建てられて・・・というような世代交代を繰り返していくのかもしれませんね。

お客様には、お墓の建立に続き、お墓じまい工事もお任せいただきありがとうございました。お墓じまいは寂しくもありましたが、これまで大切にお参りいただいていたことが大変うれしく、またこうしてご縁をいただいたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。