遠賀、鞍手、中間、北九州を中心とした地域にてお墓のお仕事をさせていただいております、共同石材株式会社の中嶋です。遠賀霊園6㎡規格墓地にて、外柵のリフォーム工事をさせていただきましたので、ご紹介します!

 

遠賀霊園 6㎡規格墓地 外柵リフォーム工事(ブロックから御影石へ)

 

ホームページをご覧になったお客様より、メールでお問い合わせをいただきました。遠賀霊園にお墓をお持ちの北九州市内にお住まいの方で、お墓のリフォームをご希望でした。

 

こちらが施工前のお墓です。昭和の終わりごろ、弊社で父の代に建てさせていただいたお墓で、もう30年以上経っていました。ブロックの外柵は古くなって老朽化も進んでおり、お話を伺うと墓所内の雑草にもお困りでした。後方に樹木(カイヅカ)、手前にも植栽があります。最近お墓の名義人様が変わられて、これを機にきれいにしたいと思われたようです。両隣のお墓が石貼りにされているので、同じように樹木も取り払って、石貼りで草の生えないお墓にしたいということでした。

お客様とお話して、今回は石貼りリフォームと同時に、墓石の汚れ落とし、文字色の入れ直しをご依頼いただきました。遠賀霊園には様々な区画がありますが、こちらの区画は石貼りへの変更が可能な区画です。

 

工事が始まっています。まずは砂利をすべて取り除いて、コンクリートの縁石もすべて取り外しました。樹木は作業の邪魔にならないように、枝や幹を順々に落としていきます。

 

樹木はこのように根本できれいに切りました。

 

お墓の入り口側です。古くなったブロックを全部取り外して、新しい外柵を据えています。ちょうど前壁を据え付けているところです。右手にあるのは階段の立ち上がり部分です。

 

階段が出来上がったところです。踏み込み部分は狭いと危険なので、せっかくリフォームするこの機会に、安全にお参りできるような十分な奥行きを取って設計しました。

 

階段の据え付けが終わった後、外柵の縁石を設置して、前面に石を貼り終えました。後方も、樹木があったところまできれいに石貼りをしました。手前にあるのは納骨室の蓋石で、木の板が載せてある場所に設置します。

石貼りをして目地もきれいに入れ終えたら、墓石本体と、きれいにクリーニングした花立と法名碑も設置し直し、文字色の入れ直しをして完成です。

 

完成しました!

手前の植栽や後方の樹木もなくなってスッキリし、見た目もとてもきれいな石貼りのお墓に生まれ変わりました。石貼り仕上げにしておくと、草取りの手間がなくなるだけでなく、土やごみをサッとほうきで掃いてきれいにすることもできますし、泥などは水を少し流してきれいにすることもできます。見た目がきれいなだけでなく、お手入れがとても楽になるので、気軽にお参りにお越しいただけます。

 

完成後は、完成した様子のお写真を郵送でお送りして完成のご報告とさせていただきました。お客様のご都合の良い時に現地を確認していただくということで、直接お会いしてのお引き渡しはできませんでしたが、ご覧になって喜んでいただけるのが楽しみです^^

遠賀霊園のこちらの区画では、今回のお墓と同じように、土の上に玉砂利を敷いて仕上げてある昔ながらのお墓も多く、雑草にお悩みの方からご相談をいただくことも多いです。雑草対策としては、今回の石貼り仕上げ以外にも、固まる土を使用した比較的低予算でできる対策などもあり、お考えのご予算やご希望に応じて対策を考えてご提案しています。最近は同じようなリフォームをされているお墓も増えてきたので、そうしたお墓を見て「これってどのくらい費用がかかるの?」「隣のお墓みたいにしてほしいんだけど」というお問い合わせをいただくことも増えました。雑草対策をしておくことで、草取りやお掃除が楽になるのはもちろんですが、これからお墓を次の世代に引き継いでいくことを考えて、「自分の代できれいにして、安心して引き継げるようにしておこう」とリフォームを決断される方も多いようです。

一口に雑草対策といっても方法は様々です。ご希望やご予算に沿ったご提案で、長く安心してお参りいただけるようお手伝いしておりますので、同じようにお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談いただければ幸いです^^